Citrus on tree

私たちの手法

柑橘系エッセンシャルオイルの品質は抽出技術、原材料の鮮度と品質によって決まります。 私たちは手作業で直接樹から新鮮な葉、花と果実を収穫し、すぐにその現場で抽出しています。


私たちの柑橘類はカラタチの樹に接ぎ木しています。 この樹は非常に成長が遅いため、今日では畑作物にはほとんど使用されていません。 しかし、その成長の遅さが果実の品質を改善させるため、私たちはあえてカラタチの樹を台木として選びました。 また、植物病原性真菌による病気の予防も可能になるため、銅や硫黄などの汚染処理を回避できます。


私たちの果樹園の土壌はミネラルマルチで覆われています。水の消費量を75%削減し、土壌を暖かく保つことにより地中海の冬を通して熱帯植物を守っています。 また健康な樹に育つことにより病原体に対してより耐性を持ちます。.各樹木を手作業で剪定し、内部に光と空気を取り入れることで、果実や葉への虫害を防いでいます。 また、天然紙または特別に作られた日本の果実袋をそれぞれの果物に被せ、虫や太陽のダメージから保護しています。 剪定と袋による保護には膨大な時間がかかり、限られた量の生産になりますが、この手間を掛けることにより農薬不使用で最高の品質が得られます。

SFME抽出法(無溶媒マイクロ波抽出)を採用し、植物に存在する自然そのままのエッセンシャルオイルを生産しています。

 

先進的で革新的な環境に配慮した持続可能な技術であり、水とエネルギー使用の低燃費化、廃棄物は100%堆肥化可能でありゼロ・ウェイスト、化学溶剤を一切使用しません。

無溶媒マイクロ波抽出(SFME)は2004年に特許を取得した近年の抽出方法です。

これは、気圧を利用した選択的加熱と蒸留の独自の組み合わせです。

Tangelo.jpg
kabosu.jpg

柑橘系エッセンシャルオイルの品質は、使用する果実、葉と花の鮮度によって決まります。私たちは栽培に多くの時間と情熱を注いでおり、抽出のすべての段階において細心の注意を払っています。

すべての材料は最適な成熟度のものを見極め、私たちの手で厳選し収穫しています。

私たちのエッセンシャルオイルは自分たちで育てた認定生産の樹々から収穫後すぐにその場で抽出作業を行っています。

環境に配慮した抽出法を使用し、収穫後すぐに抽出作業をしています。

SFME抽出は、大気中に排出されるCO2が少なく環境への負担を軽減することを可能にしました。エッセンシャルオイル1グラムあたり3600gのCO2を排出する従来の方法と比較して、1グラムあたり200gのCO2の排出と大幅な軽減が可能になりました。 (引用Ferhat et al. 2006,07; Luchesib et al., 2004a 2004b)